--.--.-- --:-- | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2009.08.15 23:35 | EDIT
最近見た映画3本の感想をば。
・・・・おっ、窓の外で猫が格闘してやがる。ついでに蝉が飛んで壁にバンバンぶつかってるよ。
夏だねえ。

1本目、「ヘルボーイ ゴールデンアーミー」。
原題だと「HELLBOY 2 GOLDEN ARMY」なのね。 
これは以前に見た「パンズ・ラビリンス」の監督ギレルモ・デル・トロの作品ってことで、
前から気になってはいた。
この監督の映像美が非常に良く、ファンタジー系イラストが好きな人なら画面の色作りを
きっと気に入るでしょう。 地下街のトロール市場とか、黄金兵団登場のあたりの背景美術が
とっても綺麗です。 ライティングでの魅せ方にこだわりがある監督と見た。
全体的に彩度が高いのにちゃんと画面がまとまって見えるあたりが参考になります。
重要なのはコントラストなのか? 一画面上の白黒の割り振りが上手いのか。
ストーリー的にも安定していて面白いです。




次、「ワルキューレ」。
トム・クルーズ主演、第二次大戦を舞台にしたヒトラーへの反逆を描いた作品。
戦争をテーマにした映画は結構好きで見るので、これもその一環で見てみた。
大戦末期のドイツにて、ヒトラー政権に反発を抱いた軍内部の人員を集め、
極秘で反政府組織が結成されていた。 元々ヒトラーのやり方に反発を感じていた
主人公・シュタウフェンベルク大佐は、組織に参加する。 
過去に40回以上も暗殺の危機を乗り越えてきたヒトラーとその護衛の目を欺いて、
暗殺を成功させることは出来るのか・・・? というお話。
史実を元にして作られている。

こっちは映像的にはまあ普通で、ナチスの制服とか軍の雰囲気が見れたのでよし。
前半で反逆作戦に必要なメンバーを集めるフェーズがあるんだけど、尺の関係もあってか
結構強引な説得で仲間を集めるあたりが演出っぽいなあと思った。
あと、この構成はナデシコの劇場版にちょっと似てる。

実際に反逆がばれたら即処刑なわけだし、かなり慎重にことが運ばれたんだろうけど、
この映画を見てると結構細かいところで適当な処理の仕方をしてて、それはやっぱり
失敗するだろうなーと思わせる箇所が幾つかあった。 通信局を押さえなかったあたりが
致命的なのでは。まあ当時の事情はよくわからないんだけどね。
これも普通に面白かった。




最後に、「ガタカ」。
1997年の作品で、近未来SFの傑作だと言われていたのと、伊集院光のラジオで絶賛されていたので
見てみた。
これはかなり大人な作品で、97年にしては映像がかなり綺麗だし、
ストーリーも非常に良いんだけど、昼飯食べた後に見てたからちょっと途中で寝ちゃったよ。

要は、近未来において人間が遺伝子操作を完璧に行えるようになった世界で、
遺伝子差別が公然と行われている中、子供は遺伝子的な欠陥を排除され、調整された上で
生まれてくる。 そんな中、自然出産で生まれた主人公は数々の疾患を持っていることが
生まれた時点で分かっていて、出産直後に寿命が30歳前後だと宣告されてしまう。
両親は主人公を自然出産で産んだことを後悔し、次に産んだ弟は遺伝子操作で調整される。

主人公は自分の体に持って生まれた疾患を意識しながらも、遺伝子操作された優秀な弟に
負けないように努力する。 やがて、夢であった宇宙開発局「GATACCA(ガタカ)」に入局する
ことを望むが、ガタカでは入局審査が遺伝子によって管理されており、主人公はどうやっても
ガタカに入れないことを知る。 そして、ある裏のつてから、優秀な遺伝子情報を提供し、
主人公を別人に偽装する手助けをしてくれる人物がいることを知る・・・。
こんな話。

一言で言えば、差別なんかにゃ負けねえ!俺はどんな手段を使っても夢を実現する!みたいな
主張が感じられる映画でした(うーん乱暴な解釈だ)。

久々にアクションだったり発砲だったりがない映画を見たよ。
そんなんばっかり見てるからな。



この3本の中ではヘルボーイが一番面白かったかな。
昔から、見た目が素晴らしいとそれだけでもうOK!となる傾向が強いので、映像の良い映画に
弱いです。 
やっぱり視覚情報をメインに物事を判断してるのかな。次点が聴覚か?

さて、明日はガンダム見に行って来るぜー。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿する
 
 
 
 
 
 
 
 
トラックバック

gallery

old <<<                         >>> new
---------------------- original ----------------------

中華娘とロボ doragoon knight dark elf コンセプトアートテスト
--------------------- copyright ---------------------

吸血鬼の居ぬ間に primary colors イムカ ミクナイト Cheerful JAPAN!! ミク
EXルーミア お空 レミリアと咲夜 雨と煙と魂魄妖夢 霊夢とミニミニヒロインズ
初音ミク ブラックミク 朧村正・百姫 3人の綾波レイ 霧雨魔理沙

------------------------ old -------------------------

---------------------- 3DCG ------------------------

------------------------------------------------------

■3DCG映像作品「HAGANE」■

profile

リョウヘイ

Author:リョウヘイ



某ゲーム会社でキャラクター系デザイナーをしています。
仕事の合間に描いたイラストなどをアップしています。

Twitter

当ブログはリンクフリーです。
御用の方はコメントか、下のメールで送ってください。
連絡先:メール
当サイトの絵は無断転載、複写を禁止させて頂きます。

バナー
banner.jpg
直リンク用アドレスはこちらです。 
http://blog-imgs-34-origin.fc2.com/h/i/g/higemachine/banner.jpg

pixiv

カウンター

友人リンク


藤代涼くん


モリヤモリの絶滅寸前日記
モリヤモリくん



嫁さん


banner04.jpg
九二枝くん


管理画面


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。